視線入力でマリオカートをプレイするための方法

視線入力でマリオカートをプレイする方法をまとめてみました。

2019年9月現在の状況について
キャプチャーボードや視線入力ソフトについてただいま再検討中です。
より簡単で安定した環境を目指しています。
そのため記事内容が中途半端な状態が続いています。もうしばらくお待ちください。もしお急ぎでしたらお問合せなどいただけると個別に対応します。

はじめに

ニンテンドースイッチ版マリオカート8デラックスは設定によって左右のハンドル操作とアイテム使用ボタンのみでレースを楽しむことができます。

これら3つのボタンを画面上に配置した視線入力パネルで操作することで視線入力でマリオカートを実現します。

今回はレース中の操作を視線入力で、その他のコースやキャラクター選択はコントローラーを使います。コントローラーが使えない場合支援者の方が行ってください。

必要なもの

  • パソコン
  • 視線入力装置 Tobii 4C EyeTracker
  • ニンテンドースイッチ&マリオカート8デラックス
  • キャプチャーボード  SKNET MonsterX U3.0R
  • コントローラ変換器  TITAN ONE (タイタンワン)
  • 視線入力ソフト  Xcessity Project IRIS

視線入力でマリオカートをプレイする方法

手順1 ゲーム画面をパソコンに映す

キャプチャーボードの設定を済ませてニンテンドースイッチの画面をパソコンで表示できるようにします。

マニュアル等で確認して設定してください。いずれ記事中で解説します。

手順2 TITAN ONE の初期設定をする

パソコンとゲーム機を繋ぐ役割をしてくれる TITAN ONE を設定します。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

コントローラーを振ったり傾けたり持ったり出来ないので とりあえずPCとゲームをつないでマウスやキーボードで操作出来るようにする必要があり...

手順3 TITAN ONE にキーを割り当てる

TITAN ONEの公式アプリ GtunerProのMaxAimDIプラグイン を設定していきます。

白い四角形を右クリック→Keystrokeを選択して、割り当てたいキーを押します。

左スティック左右とL1に、それぞれA、D、Eを割り当てます。

手順4 視線入力装置を接続&設定する

視線入力装置の初期設定についてはこちらの記事に詳しくまとめられています。

1.さようなら,EyeX ローコスト視線入力装置である Tobii 4C EyeTracker(以下,4C) の性能・機能はすばらしく,旧機種のTobii EyeX Controller(以下,EyeX) に存在した多くの不満が解消されました。 EyeX のウィークポイントとしては,USB3

手順5 視線入力ソフトをダウンロード&インストール

視線入力ソフト Project IRIS についてはこちらの解説ページに詳しく載っています。日本語ガイドに購入方法も書かれています。

障害があっても、ゲームを楽しめる道具情報を発信します。
  • 購入にはPayPal(ペイパル)が必要です。
  • 14日間トライアルあり!

つづく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする